ベトナム

潜入!ベトナム激安偽ブランド市場【時計・バッグ・衣料】

空港の税関でもよく目にする偽ブランド品、ベトナムは著作権の概念が皆無のため多くの偽ブランド品がはびこっています。

当然、普通の服屋さんでは売っていませんが、個人営業の店とかになると6万ドン(約350円)ぐらいで有名ブランドのロゴが入ったTシャツなどが売られています。

こういった怪しい偽ブランド品とかが大量に売られている市場があると聞いたので潜入してきました。

意外なところに偽ブランド市場はあった

場所はハノイ市内の有名ショッピングモールのひとつであるロイヤルシティのすぐお隣。

大通り沿いに多くの雑貨やパソコンの周辺機器などが売っていることは知っていましたが、なんとその奥に偽ブランド品を扱う店が大量にあるとのことです。

いたるところに偽ブランド品が・・・

早速潜入してみると、数十件以上のお店がひしめき合っていてそのどれもが偽ブランド品を扱うお店でした。シャネル、グッチ、ティファニーのような高級ブランドから、アディダス、ナイキといったスポーツブランド、なぜかアップルとかVAIOとかのロゴが入った服まで売っていました。

ぱっと見で偽者とわかるようなロゴだけパクったTシャツとか、ロゴの位置がおかしいスポーツブランドのジャージなどがあります。

シャネルやグッチなどのバッグや財布も売っているのですが普段は15万ドン(約900円)で売っているのをそのときはタイムセールで10万ドン(約600円)で売っていてたくさんのベトナムガールが群がっているのが印象的でした。

ユニクロの服はタグまで完全に日本と同じものだったので日本向けに作った商品の中にわずかに混ざるエラー品などがやすく流れているのではないかなとも思いましたが真偽は不明です。

ニセモノだけどクオリティが高いものもある

ただ、よく言われているのが、もともと正規品を作っていた工場が偽者を作り出したり、昼は正規品を作って夜は偽者を作るなどといった話を聞いたことがあります。

そうなると、限りなく本物に近いものが作られているということなので見分けがつきにくいのも納得です。

場所こそちょっとわかりにくいものの、店先で堂々と販売していたり、普通の買い物客もたくさんいたのでベトナムではこれが当たり前のようです。

もちろんここ以外にも同じような市場はたくさんあるので見つけてみてください。

興味本位で見に行くにはいいですが間違ってもお土産で日本に買って帰らないようにしてください。

税関でこってり絞られてしまうのは必須です。

ベトナムでスーパーコピー商品は買えるのか?

この市場を見た感想としてはちょっと見ればすぐに偽物とわかる粗悪な偽物が多かったのですが、韓国などで売っているような本物と見分けがつかないスーパーコピー品はベトナムでは売っている場所があるのか気になるかと思います。

結論を言いますとあります。

靴からシャツから時計から防寒着からありとあらゆるスーパーコピー品はホーチミンはもちろんハノイにもありました。

ここで、紹介するわけにもいかないので詳しい場所は言いませんが気になる方は調べてみみてください。

通信手段はSIMカードがおすすめ

ベトナムはどこでもwifi環境に困らないですが、万が一に備え自前で通信手段を用意する必要はあると思います。

一昔前のイメージだとwifiルーターを借りるイメージだったと思いますが、今おすすめなのはSIMカードです。

wifiルーターだと1日1000円ぐらいかかりますし500メガぐらいしか使えません。

しかし、SIMカードなら30日間100ギガ以上使えて500円ぐらいと破格です。

その上、使ってるスマホにSIMカードを挿すだけでほぼ使えるので簡単ですし、面倒な契約なども一切必要なくAmazonで購入するだけで最悪2日前ぐらいでもお急ぎ便で買えば間に合います。

いろんなタイプのSIMが出ているので一度値段を見て驚いてみてください。