オンラインサロン

月会費無料でも月100万の収益が出るオンラインサロンの作り方

みなさんオンラインサロンってご存知ですか?

芸能人やインフルエンサーみたいな人しかできないビジネスだと思っていませんか?

特に有名人でもなくフォロワーも何もない僕でも、1人で1からオンラインサロンを作って一年で月100万円の売り上げを出すことができたので誰にでもできるオンラインサロンの作り方をお話ししていきたいと思います。

ツイート見てサロン参加したいと思った方はこちらからどうぞ。

オンラインサロン運営塾に参加する【無料】

オンラインサロンの現状

オンラインサロンの作り方を説明する前にまずはオンラインサロンの現状をお話ししていきたいと思います。

Facebookやtwitterで有益な情報を発信して多くのフォロワーを得てきた著名人たちが、さらに密度の濃い情報や交流の場を提供するためにオンラインサロンに発展させていっている流れです。

少し前ですとホリエモンさんのサロンが月額1万円で1000人近い会員を集めていますし、最近ですと投資家のカズマックスさんが月額3万円という高額にもかかわらず三千数百人のユーザーを集めて月商1億円突破するなど儲かってるところは本当に儲かっている今注目のビジネスです。

無料のサロンですと、プロブロガーのイケダハヤトさんが立ち上げたブロガーズギルドも6000人以上のメンバーがいる日本有数の巨大サロンとなっています。

こういった方達はもともと名前のしれていた方でファンも多く声をかけたら賛同する人も多いのですが、僕みたいに著名人でもない普通の人間でもオンラインサロンビジネスを展開することは可能で、まだまだ参入余地の大きな市場でもあります。

私の運営するサロンに関して

まず初めに私が運営しているサロンについてお話しますが、主に2つのサロンを運営していまして

男性向け恋愛コンサルサロン

主にマッチングアプリなどで女性と出会えない男性向けの情報発信を中心に行う男性限定のサロンです。

運用暦 約2年

メンバー数 400名

マネタイズ方法 有料情報商材の販売

累計売り上げ 400万円(販売者数100名)

パパ活女子情報交換サロン

パパ活をする女子たちを集めて、情報交換をするグループになります。

運用暦 1半年

メンバー数 400名

マネタイズ方法 パパ活アプリアフィリエイト・交際クラブ紹介

累計売り上げ 800万円

これとは別に、上記グループから派生させたグループを複数運営しています。

月額制にせずサロンの参加自体は無料にして他のところでマネタイズする方式を取っていますが、始めて一年ほどで月100万円以上の利益が出ました。

労力的には副業感覚でやっても問題ない程度の時間しか使っていませんので、非常に効率よく収益化ができたと思います。

派生グループの一つとして、オンラインサロンの運営やビジネスの交流ができる無料サロンを運営しています。

私が実際にどのようにしてオンラインサロンで稼いでるのかと言う点に関しても全てお見せしてるサロンですので興味があればご参加ください。

オンラインサロン運営塾に参加する【無料】

オンラインサロンのメリット・デメリット

オンラインサロンを運営する上でのメリット・デメリットですが

メリット

元手ゼロから始めることができる

初期投資が一切かからないのは大きなメリットです。

必要なのは、テーマとする分野の知識とコミュニティの管理能力です。

軌道に乗せると運用が楽

グループのメンバーがそれなりに集まり話しやすい雰囲気を作ることができたら、あとはメンバー同士が勝手にトークして盛り上がってくれます。

管理人はもちろんサロンのテーマの知識を持つ必要はありますが、自分より知識があるサロンメンバーをしっかりとコントロールできるのでしたら、価値のある情報が勝手に飛び交ってくれるようになります。

ユーザーの声をダイレクトに届けれる

アプリや情報商材を宣伝しているLPサイトやメルマガにはユーザーのレビュー的なものを載せている場合が多いですが、こう言ったレビューを見ても「サクラが書いたんだろう」「いい話だけ抜粋してるんだろう」と思われてしまうことが多いです。

オンラインサロンでしたら、普段サロン内でトークしているメンバーがオススメするものならちょっと興味あると思わせることはそこまで難しくなく購買意欲に繋がります。

実際、男性向けの恋愛サロンでは3〜5万円の商材を100人に売ることができています。

メンバー数が400名なのでコンバーション率が25%とというかなり高い数値を出せています。

人数が増えるとなんでもできる

僕が運用しているグループで一番大きなサロンには400名メンバーがいるのですが、この400名は実に様々な方がいてサロンそのものが貴重な人脈の宝庫になります。

例えば引越ししようと思っている場合も、サロンで相談すれば不動産屋さんがいたりして初期費用なしの物件を紹介してもらえたりもしました。

また、派生グループの声掛けも簡単に行えます。

僕の場合は仮想通貨のサロンを作ろうとした時に400名のメンバーに声をかけたら70人も集まりました。

サロン運営において苦労するところの一つであるコアメンバー集めが容易になるのは大きなメリットです。

お金以上に信用を稼げるのが強み

キングコング西野さんの著書新世界でも書かれていましたが、オンランサロンのようなコミュニティ運営の魅力はサロンメンバーからの信用を得られるということです。

上記のような派生サロンの声掛けに関しても、信頼している人がオススメするものだから興味を持ってくれるのです。

本当にいいものでも売るのがなかなか難しいこの時代においてこの信用というのはお金以上に価値があるものになります。

オンラインサロンで得た信用を収益化にした話はこちらの記事をご覧ください。

デメリット

本物を売らないとダメ

ネット上のアフィリエイトや情報商材はこういう言い方をするとよくありませんが、「売るのがゴール」で売った後のケアが全然できていないのをよく見かけます。

「オススメの出会い系アプリ紹介」みたいなサイトでも、アフィリエイト報酬が高いものだけを紹介してティンダー(Tinder)のように本当に出会えるアプリを紹介していないことも非常に多いです。

オンラインサロンではユーザーの声がダレクトに届くため、本当にいいものでないと売れません。

粗悪な商品を売ってしまうと、グループ内で「偽物を売りやがって!」と反発が起こる可能性もあります。

地域密着の小売店のような、お客様第一の商売のやり方で信頼を得ていくような運営を目指すと良いかと思います。

人と人とのぶつかり合い

人数が増えれば増えるほど人間同士のトラブルが増えるので、トラブルが起こらないようにコントロールをする必要があります。

僕のサロンですとうまくいってる人間とそうじゃない人間が明確に別れてしまうので、うまくいっていない人間からすると面白くなく不満を募らせることもあります。

高圧的にものをいう方や空気が読めない発言をする方には個別で注意を促したり、場合によってはBANなど厳しい措置を取らないといけない場合もあります。

オンラインサロン運用編

ここからは実際にオンラインサロンの作り方や作る上での注意点などを解説していきます。

テーマの選別

オンラインサロンを作る上でまず決めないといけないのがどういったテーマのサロンを作るのかということです。

堀江貴文さんの「堀江貴文イノベーション大学校」ですと、ビジネス全般や起業家の交流の場

イケダハヤトさんの「ブロガーズギルド」ですと、ブロガーやアフィリエイターの交流の場

などが主なテーマになっていますが、これは堀江貴文さんやイケダハヤトさんのファンが集まるコミュニティです。

こういったコミュニティは、僕らみたいな知名度ゼロの人間は真似しづらいです。

他のサロンを参考にしてみますと

投資家カズマックスさんの「KAZMAX Trader’s Salon」は投資をテーマにしたサロンです。

カズマックスさんのような知名度の高いトレーダーのファンだから参加しているという方ももちろんいますが、投資というテーマで情報を集めたいという方が参加するという方も多いと予想できます。

僕らみたいな知名度ゼロの人間がオンラインサロンを運営するにはこのようにテーマを明確にすることが必須です。

テーマに関しては、自分が多少なりにもかじっている分野でないとトークのコントロールが難しいので注意してください。

最終的にマネタイズできるテーマを選んだほうがいいと思う方もいるかもしれませんが、まずは楽しく人が集まるサロンを作ることに専念してください。

多く人を集めることができればそこから派生サロンを作ることも容易になります。

サロンのテーマについてはこちらに詳しく書いたので参考にしてください。

ライングループでサロンを作る

様々なオンラインサロンサービスがありますが、最初はライングループで運用することをオススメします。

ラインですとほとんどすべての人が導入しているアプリでサロンの参加障壁が下がるのと、アプリ自体の利用頻度も高いので、他のトークを見るついでに運営するサロンのトークも見てもらえます。

実際、僕が運営するサロンですと3日以内の既読率が8割以上にものぼります。

同じような利用者数の多いツールですとフェイスブックグループもありますが、こちらは20代の利用率が少ないのとラインほどアプリの利用頻度が高くないので疎遠になりがちです。

また、ライン@ではダメなのか?と思う方もいるかもしれませんが、あれは1対1をメインにしたツールなのでサロン運営には向いていません。

飲食店や個人のお店こそ、ライン@でメルマガみたいに情報垂れ流すのじゃなくてライングループにして地域の人と交流しながら営業活動すれば良いのではないかと思っています。

サロンの中核の作成

正直この作業が一番大変です。

著名人とかですと、声をかければそこまで苦労せずにメンバーが集まるのですが、僕らみたいな一般人ですとそれも難しいです。

まずはマネタイズの話は抜きにして10名ほどが楽しく話せるサロンを作ることを目指してください。

初期のメンバーは知り合いとかの方がトークが盛り上がりやすいですし、こちらの意図を伝えやすいです。

最初の頃は管理人が積極的に話を振ったり議題を出したりしてサロン内でトークが盛り上がるように立ち回ってください。

可能なら、他のメンバーに個別でネタの投下とかをお願いしたりして、誰でも話せる雰囲気を出してください。

後から入ってきた人がROM専でも「このグループは面白いな」と思ってもらえるように毎日トークが飛び交う5〜10名ほどのグループを作ることができればあとはそれを続けるだけでサロンは大きくなります。

サロンに人を定着させる

サロンの核が出来上がり、小規模でトークがある程度盛り上がるようになったらいよいよ新規サロンメンバーを募集していくのですが、新規メンバーに対する初期対応が重要になりますので注意しないといけない点などを解説していきます。

ここでの、サロンメンバーやトークのコントロールはサロンオーナーの腕の見せ所です。

新規メンバーが入るタイミングでトークをする

新規メンバーが入ったもののいつまでたってもトークが起こらなければ、「このサロンは過疎ってるのかな?」と思われてそのまま退会されることもよくあります。

メンバーが少なくトークが起こらないときは、グループの中核のメンバーと連携して新規メンバー加入のタイミングでトークを巻き起こすと良いかと思います。

また、自己紹介なども既存のメンバーが先にしてあげて新規メンバーに話を振るとトークに参加しやすくなります。

既存メンバーが仲良くなりすぎない

仲のいいサロンを作ることはもちろん大事なのですが、既存メンバーの仲が良すぎると新規メンバーはその輪に入りづらくなります。

僕がサロン運営で特に注意してることは「タメ口で話さない」ということです。

タメ口で話すと一気に砕けた感じになり、後から入ってきたメンバーがどうしてもその空気に馴染めない可能性が高まります。

サロン内のルールを明確にする

サロンは不特定多数の人が参加するので、きっちりとルールを作るようにしましょう。

特に男女が参加するグループなどでは必要時以外の個別チャットの禁止などをルールに入れておかないと、出会い厨みたいなグループの本来の目的とは異なる人間に荒らされてしまうので注意してください。

また、グループのトーク内で意見がぶつかって喧嘩みたいになることもよくあります。

その際は見て見ぬ振りはせず必ず仲裁に入りましょう。

細かいルールなどは後から入った人もすぐにわかるよう、LINEのノート機能などを利用してメモしておくとわかりやすいです。

個別相談の対応

お勉強系のオンラインサロンですと、サロン内では聞きづらいからオーナーに個別で相談してくる場合があります。

その場合は個別で丁寧に質問に答えてその上で、「他の方にも参考になるのでよかったら同じ質問をサロンに投げてもらってもいいですか?」と持ちかけてみてください。

その方自身もトークに参加するきっかけになりますし、トークも盛り上がります。

サロンを大きくする

ある程度、サロン内でトークが盛り上がるようになってきたら外部のメンバーを増やしていく作業に入るのですが、一番いいのはサロンメンバーが他のメンバーを勧誘してきてくれる流れを作ることです。

ただ、僕が運用する2つのサロンはサロンのテーマの性質上知り合いには知られたくない内容だったため、メンバーがメンバーを呼ぶ流れを作ることは不可能でした。

なので、僕はSNSなどを駆使して集客することにしています。

具体的には、ツイッターなどでサロンに入るメリットをしっかりとアピールして誘導したり、自分でサイトを立ち上げてそこからツイッターやサロンに直接入れる仕組みを作りました。

SNS自体はフォロワー1800人程度ですし、ブログも月間3万PVほどで全くもって大したことないです。

しかしそれでも毎日5名前後の新規メンバーが入ってきてくれます。

メンバーの役割

サロンのメンバーが増えてくると色々なタイプのメンバーが出てくるので各タイプのメンバーの扱い方などを説明していきます。

ロム専

おそらく、メンバーが増えるにつれて割合が増えてくる層です。

ただ、この人たちも自分がトークに参加しようとは思っていないけど、サロンで出てくるトーク内容自体は有益に感じている場合が多いので無理にトークに参加させる必要はないかと思います。

こういう人たちは、個別で話しかけると以外に反応してくれるので定期的に「サロンは役に立っていますか?何か困ったことあれば個別でも相談してくださいね♪」と声かけるだけで、マネタイズに繋がることもあります。

トーク参加者

普段トークに参加してくれる方ですね。

ここを増やすことができると、管理人が話を振らなくてもサロン内が活気づいてくれます。

僕のサロンでしたら「最近どうですか?」と聞くだけでみなさん現状報告してくれてそこから悩みとか相談が出てきて自然と話が広まるような状態になっています。

指導的立場のとれる人間

自分よりそのテーマに関して知識や経験が豊富なメンバーです。

このタイプのメンバーが増えるとサロン内のトークの質が一気に濃くなり有益な情報が飛び交うようになります。

ただ、発言力も強くなりがちで他のメンバーと意見が割れてぶつかったりする場合もあるのでコントロールには十分注意してください。

新規参加者

この新規参加者が定着しやすい環境が作れているかどうかでサロンの未来が決まってくると思います。

どうしても既存のメンバー同士が仲良くなりすぎて後から来た人が入りづらい空気ができやすくなるので、管理人が率先して新規参加者が会話に参加しやすい雰囲気を作ってください。

裏でトークをコントロール

オンラインサロンオーナーの役割はただ喋るだけではなく、サロンの円滑な運営とトークが盛り上がる環境づくりも大事です。

そのためにもグループを裏でコントロールすることも時には必要です。

どのようにしてコントロールしていけばいいのかをポイントをお話ししていきます。

トークネタを事前に打ち合わせ

オーナーがトークを振っても反応がないと寂しいサロンになってしまいます。

そうならないためにも、事前に「このトーク振るから反応してね」と裏で信頼できるメンバーに打ち合わせしておくと他の人もトークに入りやすくなります。

注意や警告は裏で

オンラインサロンはいろんな人間がいますので、本人はその気が無くても空気が読めいない発言などで他のメンバーを不快にさせてしまうこともあります。

こういう場合はグループ内で晒し者にすると本人はもちろん他のメンバーも「下手なこと言うと晒されるなら喋らない方がいい」と警戒してしまうので、注意や警告は必ず個別に行いましょう。

その際も下手に刺激すると荒らしになる場合もあるので、頭ごなしに怒るのでは無く、論理立ててアドバイスするような感じにしましょう。

また、退会の処理などについては明確にルールを決めてそれに則って処分するようにしてください。

オーナーの独断と偏見で退会処理してしまうと、独裁政治になってしまい他のユーザーも離れてしまいます。

オンラインサロンの収益化

オンラインサロンの収益化の方法ですが、月額制の有料オンラインサロンは僕はオススメしません。

理由は、有料にしてしまうとサロンのテーマの知識を持った指導者的立場の人間が一切入ってこなくなるからです。

知識がある人間がいて初めてサロン内のトークが濃くなり有益なサロンになるのです。

指導者的立場になれる人間は無料にしたらいいと思うかもしれませんが、月会費をオーナーだけが独り占めすることに対して反発が起こる可能性も生まれます。

僕は男性向けの恋愛コンサルのサロンを立ち上げて2年ほどになりますが述べ400万円以上の収益を上げています。

パパ活女子向けのサロンに関しては1年半で800万以上の売り上げが上がっています。

収益を上げていった流れを男性向け恋愛コンサルサロンで説明しますと・・・

男性向け恋愛コンサルサロンの収益の流れ

まず最初の3ヶ月ほどはマネタイズのことは一切考えず楽しく有益な情報が飛び交うグループ作りに徹しました。

そうするとグループ立ち上げ後3ヶ月たった時には50人ほどのメンバーが集まっていました。

この期間の間は自慢にならない程度に僕が女性とちょいちょい出会えていてそのノウハウなどをしっかりと見せました。

そして3ヶ月たって初めて、「僕が女性と出会えている方法を知りたい方1万円で個別でレクチャーします」という募集をかけたところ3名のレクチャー希望者が現れました。

この3名にはモニターであるということをちゃんと伝えて徹底的にアドバイスするから成功して女性と仲良くなれた時はその成果をグループ内で報告してほしいという約束をしてレクチャーしました。

約束どおり、その3名は1ヶ月経たないうちに女性と仲良くなることができ成果が出ましたので「個別レクチャー受けたら大成功した」と報告してもらいました。

それを見た他のメンバーが「一緒にワイワイやってたグループメンバーが上手いこといったなら自分もうまくいくのじゃないのか?」と思うようになり、あとは自然に有料個別レクチャー希望者が増えていく形になりました。

手応えを感じたのちに個別レクチャーの価格を現在の5万円に値上げをして多い時ですと1ヶ月で20件近い希望者が現れるほどに成長することができたのです。

もちろん収益化方法はこれだけではありませんので他の収益化方法がきになる方はこちらもご確認ください。

派生サロンは簡単に作れる

メインのサロンが大きくなると、管理人であるあなたの信頼度は大きく上昇するため他の派生サロンの募集をかけても割と簡単にサロンの中核を作れるようになります。

実際に作った派生サロンですと

男性向けオシャレ・筋トレ研究サロン 130名

投資情報交換サロン 70名

美容整形情報交換サロン 200名

起業・ビジネス研究サロン 90名

これらのサロンはメインのパパ活女子サロンと男性向け恋愛コンサルサロンで声かけをして作った派生サロンです。

メインサロンで信用があるので派生サロンの募集をかけてもすぐに人が集まるのです。

なので最初はマネタイズは深く考えず楽しいコミュニティを作ることに専念するだけでもゆくゆく博士号とお思えば稼げます。

一昔前ですと普通の人間は数百人規模のグループなんて作ることが難しかったのであまり実感は湧きませんが、数百人規模のグループを作ることができればいろんな面白いことができるようになります。

僕もオンラインサロンビジネスで1000万ほど稼ぎこそしましたが、本来の目的は人脈づくりのためです。

サロンメンバーとの人脈はもちろん合わせて1000人近いコミュニティを持っている人間というだけでも興味を持ってもらえます。

オンラインサロンオーナーのための無料オンラインサロン

サロンビジネスは著名人しかできないと思っていませんか?

なんのコネもない私がイチからサロンビジネス始めて一年で300万円以上売り上げることができたのでそのノウハウを伝授していきます。

私がサロンビジネスを通して感じたのは、数百名のコミュニティの管理人になるといろんな人脈が生まれてそれがまたビジネスにつながるということです。

参加者のみなさんにはサロンビジネスで稼ぐようになっていただくのはもちろんなのですが、みなさんがこれから運営するサロンをまたいで交流ができる仕組みが作れたらと考えています。

こんな方にオススメ

*趣味でお金を稼ぎたい

*人を集めるのが得意

*これから時代がくる新ビジネスのオンラインサロンビジネスをこれから始めたい

*サロンを始めたものの人が定着せず盛り上がらない

*すでにサロンを運用してもりあがっているがマネタイズがうまくいかない

サロン参加メリット

1、3万円の商品をサロン立ち上げ1年でコンバーション率25%で250万円分売ったノウハウ全部お見せします

2、メンバーさんのサロンの立ち上げを最初から個別サポートします

3、サロン運営で一番しんどい最初のコアとなるグループの集客を私の運営するサロンなどの声かけでお手伝いできます

実例:仮想通貨グループを既存のサロン内で声がけして70名、オシャレ系のグループで140名集めてます

4、サロン立ち上げ時のトークの盛り上げのお手伝いを管理人さんの意図に合わせて行います

5、実際に私の運営するサロンに参加していただいてノウハウ見ていただけます

サロンオーナーの実績

現在2つの大規模なサロンと複数の小規模サロンを運営していまして

男性向け恋愛コンサルサロン

主にマッチングアプリなどで女性と出会えない男性向けの情報発信を中心に行う男性限定のサロンです。

運用暦 約2年

メンバー数 400名

累計売り上げ 250万円(コンバーション率25%)

パパ活女子情報交換サロン

パパ活をする女子たちを集めて、情報交換をするグループになります。

運用暦 1年半

メンバー数 450名

累計売り上げ 500万円

参加希望者はこちらから

こちらのライングループに登録していただいてグループノートを読んだ上でノートに掲載している私の連絡先にご連絡ください。

参加はもちろん無料ですし、立ち上げのタイミングなので全力でバックアップします。

オンラインサロン運営塾に参加する【無料】

週休5日で女の子にモテモテでお金いっぱい稼ぐ男

週休5日で女の子にモテモテでお金いっぱい稼ぐなんて夢のようなことがあるわけないと思っていませんか?

特にコネや人脈やスキルもなく独立して1年で月収100万突破できました。

やってることは、ラインの返信してるだけです。

しかも返信相手は女性で信頼されてモテモテなのです。

なぜ僕がそんなことできているのか?その秘密をツイッターで発信していきます。

twitter.com
ゆうと@あのころにもどりたい(@yu_tropical)さん | Twitter
https://twitter.com/yu_tropical
ゆうと@あのころにもどりたい (@yu_tropical)さんの最新ツイート あのころにはもう戻れない。【オンラインサロンの運営相談乗ります】400名規模のオンラインサロン2つをはじめその他複数運営🤓年間5億ほど生み出すサロンです🤑男性向け恋愛コンサルサロンでは50歳のお…