フィリピン

フィリピンの夜遊びを満喫!KTV・ゴーゴーバーの楽しみ方

せっかくの海外なのでKTV・ゴーゴーバーでちょっとハメをはずしたいなんて男性は多くいると思います。

ただ、ぼったくられたりトラブルに巻き込まれるのはいやだという気持ちはありますよね?

フィリピンの夜を安心安全に満喫するために、フィリピン式夜遊びKTV・ゴーゴーバーの楽しみ方を解説していきます。

KTV

KTVとはフィリピン以外のアジアの国にもあるので知っている方もいると思いますがローカルのキャバクラと思っていただいたら一番早いです。

お店によって日本式や韓国式などがあり前者は日本のキャバクラ的な感じ後者はカラオケ屋の個室とイメージすればいいです。

楽しみ方はとりあえずお酒をいっぱい飲んでカラオケ歌って楽しみましょう。

女の子たちもお客を楽しませるというよりは自分たちで楽しむって感じのところもあるのでそのノリにあわせて一緒に楽しむのがベストです。

料金はチャージが1000円~3000円ぐらいでそれプラスドリンクとかフードですので1万円あれば女の子たくさんつけてわいわい楽しむことができます。

お店のママの言われるがままにしちゃうと、ビールをケースで持ってきたり男性一人に女の子3人とか付けられたりやりたいほう題されるのでいやなことはしっかりノーといいましょう。

お店にも夜のですがおさわりとかは割りと容認してくれるので、徐々に大胆に触ってみて怒られるまではやって大丈夫ですw

ちなみに、お持ち帰りは実は可能で「バーファイン」と言えばママが来るので値段交渉して外に連れ出すことも可能です。相場は大体5千円前後です

KTVはあくまでキャバクラ的な楽しみ方がメインなのでもっと女の子と親密に遊びたいなら下記のゴーゴーバーへ行きましょう。

ゴーゴーバー

こっちはある程度お持ち帰りが前提になっているお店で、店事態はダンスショーとかをやっているのですが気に入った女の子がいれば隣に呼んで一緒にお酒を飲んだりしていい雰囲気になったらそのままバーファインで連れ出しちゃうことができるお店です。

相場はお酒と持ち出し代入れても8000円前後でいけます。

フィリピンの夜遊びでモテモテになれるタガログ語

フィリピンパブで遊ぶのだったら現地の言葉のタガログ語を少しだけでもいいので使えると、女の子の反応がいいです。

タガログ語とは、フィリピン人が使う言語です。

英語も公用語なので英語で会話することも可能ですが、是非この機会に基本的な言葉だけでも覚えてみましょう。

基本のあいさつ

Magandang araw po(マガダン アラウ ポ)
こんにちわ

Magandang gabi po(マガダン ガビ ポ)
こんばんわ

Kumusta po kayo?(クムスタ ポ カヨ?)
お元気ですか?

poというのは日本語で言う敬語のようなものなので目上の人には使いましょう。

ちなみに「Thank you po」って言ってもちゃんと通じます

お礼

Salamat po(サラマッ ポ)
ありがとう

Pasensya ka na(パセンシャ カナ)
ごめんなさい

お礼と謝罪のあいさつになります。

発音に関してワンポイントですがフィリピン人は「R」と「L」の発音をすごく気にします。

「R」はしっかり舌を巻いて「L」は巻き舌にしないことを意識すればうまく発音できます。

フィリピンの英語でもこの発音は意識されているので英語で質問する際もしっかり使い分けてください。

フィリピン語で愛の言葉

日本男児ならみんな大好き、フィリピンパブ!

お気に入りの女の子がいたけどなに話したらいいかわからないそこのアナタ!

ボクが使えばフィリピンの女の子のハートをがっちり掴めちゃう魔法の言葉を教えちゃいます。

こんな言葉を言われた日にはフィリピン美女はもうアナタにメロメロ間違いないヨ!社長さん!

Ang cute mo(アン キュート モ)
かわいいね

Mahal kita(マハル キタ)
愛してる

これぐらいの言葉でいいのでピンポイントで使ってあげると一気に親密感が上がるのでオススメです♪

まとめ

フィリピンは風俗には寛容な国なのでつかまって強制退去ってことはまずないのでその点は安心ですが、病気などはテレビで社会問題として取り上げられるほど深刻なので、その辺の自衛策はしっかりと行ってください。

酔いすぎた状態でこういうところに行くと大きなトラブルに巻き込まれる可能性も十分にありますのでお酒はほどほどにして楽しみましょう。

また、可能なら信頼できる現地の友達を連れて行けば安全はもちろんボッタくられる心配も減ります。